• 農業への就職・転職ガイド
  • 農業の業種ごとの仕事内容と求人例
  • 【エリア別】求人まとめ
  • 農業求人サイト一覧

おすすめ 農業求人サイト 3選

酪農

酪農の仕事はどういったものか?仕事の詳細をご紹介し、酪農のお仕事の求人例もピックアップして掲載しています。

【農家のお仕事紹介!】牛と暮らす・酪農家の仕事とは?

牧場で牛と暮らす酪農家の仕事画像日々を牛と暮らし、乳搾りをして牛乳をつくりながら暮らす酪農家。乳搾りやエサやりぐらいの仕事は想像がつきそうですが、具体的にどんな作業が行われているのかご存じの方はそう多くないと思います。

酪農家の跡継ぎ不足が問題となる一方で、若者の新規参入が増え始めている酪農。いったいどんな仕事なのかをご紹介していきましょう。

酪農家のお仕事

酪農の仕事は、乳牛を育て飼育すること、乳を搾って生乳をつくること、また乳を加工してバターやチーズをつくることなどが含まれます。

牛の世話

毎日牛に健康的なお乳を出してもらうために、牛の健康状態や飼育環境を整えるお世話をします。

牛はデリケートな動物なので、牛舎は常にきれいに保たなければなりません。わらをたっぷり敷いてフンはこまめに掃除して、牛の毛も丁寧にブラッシングして…と、大切な牛のために丁寧なケアをします。

乳搾り

酪農家の仕事のメインは乳搾り。毎日決まった時間に「ミルカー」という機械を使って乳を搾っていきます。この作業は朝晩2回行います。牛の大きさにもよりますが、1回に10~15kgの牛乳を搾るのだそう。

エサづくり

牛の主食は牧草。この牧草作りも酪農家の仕事です。春から秋にかけて、土づくり、栽培、収穫をし、発酵させて牧草ロールやサイレージといった長期保存のできるエサをつくります。

よい牛乳づくりには、よいエサづくりが大切。牧草づくりも酪農家の腕の見せどころです。

子どもを産ませる

牛は、子どもを産まなくてはお乳を出しません。そのために、1年に1回子どもを産ませます。人工授精をして、生まれる時期をしっかりと観察し、安産になるように手助けをします。

酪農家に就農した人の声

  • 子牛が元気に育ったり、乳牛がエサをたくさん食べてくれたり、乳搾りに素直に応じてくれたりと、小さなことが楽しいのが酪農です。
  • 生き物相手の仕事なので、病気や死産のときはとても悲しいです。でも、そんなときこそ牛の命を守る責任を改めて感じます。

酪農の求人例

福利厚生の整った環境で酪農にチャレンジ!
掲載サイト 農家のおしごとナビ
ポイント ・休日の取りやすさ、寮の快適さなど、福利厚生の充実に尽力
・20~30代の若いメンバーが多く、男女ともに活躍
・オホーツク海を望む、雄大な景色のもとで仕事ができる
勤務地 北海道紋別郡雄武町字南雄武
仕事内容 搾乳、飼育管理、牧草の収穫・調整作業など
雇用形態 正社員
期間 長期
給与 月給215,000~225,000円
勤務時間 ・4:30~9:00、15:30~19:00(実働8時間程度)
・7:00~17:00(実働8時間程度)
※シフト制、天気や気候に応じて変動あり
休日 5~10月:週1日
11~4月:4週5休
寮・社宅・
宿泊先
社宅あり 15,000円(水道光熱費含まず)
社会保険 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
必要な資格・
経験
普通自動車免許(AT限定可)、大型特殊免許尚可
待遇 社会保険完備、昇給あり、賞与あり(年2回)、夏季手当(5~10月 30,000円/月)、燃料手当(11~4月 10,000円/月)、資格取得補助制度50,000円支給
都心から近い近郊での循環型酪農
掲載サイト あぐりナビ
ポイント ・アイオワ州で学んだ酪農を実践
・堆肥の有効利用・多角経営のためアスパラ栽培も行う循環型農業
・アスパラ作りにもこだわり、低農薬のおいしいアスパラが好評
勤務地 埼玉県大里郡寄居町
仕事内容 酪農作業全般(搾乳、給餌、清掃、乳牛管理)、アスパラガス栽培作業全般
雇用形態 正社員、アルバイト・パート
期間 長期
給与 正社員:175,000円~
アルバイト・パート:時給820~1,000円
勤務時間 5:00~20:00(実働時間8.5時間)
天候、気候によって変動あり
休日 月6~7日
寮・社宅・
宿泊先
なし
社会保険 社会保険完備(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)
必要な資格・
経験
普通自動車免許(MT)
待遇 賞与あり(年2回)、昇給あり(年1回)