• 農業への就職・転職ガイド
  • 農業の業種ごとの仕事内容と求人例
  • 【エリア別】求人まとめ
  • 農業求人サイト一覧

おすすめ 農業求人サイト 3選

HOME » 農家になるには?農業への就職・転職ガイド

農家になるには?農業への就職・転職ガイド

農家になるにはどのような手順が必要なのかをご紹介しています。求人サイトを上手に利用して、農家になる方法を徹底解説!

【農家になるにはどうしたらいいの?】求人サイトを利用して農家になる方法

農家としてのお仕事を探すのに、インターネットで見る求人サイトを利用するイメージが湧かない方は多くいらっしゃると思います。

でもご安心ください!農家の求人情報もネット上に多数掲載されています。知り合いや親族のツテやコネがなくても、農業を始めることは可能です。ここでは、インターネット上の農業求人サイトを利用して、農家になるにはどうしたらいいのかを解説していきたいと思います。

求人サイトを利用して農家になるまでの流れ

まずは求人サイトを通じて農家として働くまでの流れをご紹介します。

1.農家として働くことを知る

農業の経験がない方は、まずは農家として働くことを知るのが大切です。

たくさんの情報を収集したい方には、全国から農業法人や相談窓口が集まる「農業人フェア」に参加して、情報収集するのがよいでしょう。就農したいエリアが決まっている方は、都道府県別の新規就農相談センターや、東京の全国新規就農相談センターを利用するのもよいでしょう。

2.体験する

情報を収集した上で、農業を体験してみたい!と思った方にはインターンシップや「チャレンジ・ザ 農業体験・研修」に挑戦してみるのがオススメ。

インターンシップは、実際に短期間農業法人で働いてみて、農家で働くことがどれほど大変で、やりがいのあるものなのかを知ることができます。

また、就農準備校で1週間から3か月間の農業体験や研修ができるのが「チャレンジ・ザ 農業体験・研修」というもの。こちらは参加費用がかかりますが、農業をしっかり体験できるのでオススメです。

3.求人情報を集める

農業について理解することができたら、農業の求人サイトを利用してみましょう。

就農エリアや業種はもちろん、雇用期間や寮・社宅の有無などをチェックして、自分にあった求人情報を探します。

そして自分にあった求人情報が見つかったら、勇気を出して応募しましょう!選考の日時を確認して見事合格することができれば、農家としてのデビューはもうすぐそこです。

農家の仕事選びで失敗しないためには?

農家の仕事を探す上で、ひとつ注意しなくてはならないことがあります。それは「転居をして、新しい土地に馴染むことができるかどうか」ということ。

このサイトをご覧になっている方には、農業を体験したことがない方も多くいらっしゃると思います。おそらく、いまお住まいのところではなく、新しい土地で農業を始めることになるでしょう。その場合、転居した先に馴染み、暮らしていくことができるのかどうかを慎重に検討する必要があります。

また、その土地が自分に合っていたとしても、仕事内容が想像していたものと違うことがあります。想像と現実にギャップがあると、せっかく見つけた農家の仕事もイヤになってしまう可能性がありますよね。ですから、求人情報は慎重に選ぶ必要があります。

リアルな情報が掲載されているサイトを利用しよう

自分に合った求人情報を見つけるためには、その求人情報のリアルな面を知る必要がありますよね。

求人情報の内容は、求人サイトによって異なります。情報がより詳しく、現実に即しているものを選べば仕事選びは失敗しにくくなります。

たとえば「農家のお仕事ナビ」は、自社で実際に直接取材をして得た情報だけを掲載しています。良い面を過剰に強調したり、悪い面を隠すようなところがないので、安心して求人探しをすることができます。

こういった信頼できる情報を掲載している求人サイトで仕事を探すことが、適職を探す重要なポイント。このサイトでは、オススメの農業求人サイトを絞り抜いてご紹介しています。ぜひそちらも参考にしてみてください。

農業求人サイトおすすめ3選はこちらをチェック!>>