• 農業への就職・転職ガイド
  • 農業の業種ごとの仕事内容と求人例
  • 【エリア別】求人まとめ
  • 農業求人サイト一覧

おすすめ 農業求人サイト 3選

農業を体験したい人も、本気の人も!要チェックの求人サイトとは

いま、若者を中心に、農家として働くことに注目が集まっています。
Uターン・Iターン就職はもちろん、都会で仕事をしていた方が地方へ移住して農業を始めるケースも増え続けています。

これから農業を始めるなら、求人サイトで就農先を探すのがスマートな方法。そこで、ここでは求人探しに役立つサイトを3つ紹介します。
就農への本気度別に、サイトをピックアップしてみました!ぜひ参考にしてみてください。

ハローワークよりも求人サイトがオススメな理由とは?

農業の仕事を探す場合、求人サイトのほかにハローワークで探す方法もあります。もしかしたら、ハローワークのほうが一般的かもしれませんね。

ハローワークは、求人情報の掲載に費用がかかりません。しかも大きな組織なので、求人情報をたくさん見ることができます。しかし、ハローワークの募集要項を眺めていても、イマイチ自分が働いている様子をイメージできない、なんてことを感じませんか?

イメージができない=職場が自分に合わないというリスク

就農に限らず、就職したけれどイメージと現実にギャップがあって、仕事を続けるのがツライ…というのはよく聞く話。農業も、どんな職場なのかわからずに就農してしまうと、自分のイメージとの食い違いで長く続けられないかもしれません。

したがって、募集要項だけが掲載されているものを見て就農先を決めるのは、かなりリスキーだということです。

求人サイトならイメージがしやすい!

その点、求人サイトでは、職場の写真や仕事中の様子、働いている人の顔などが見られます。その農家や農業法人が目指していること、大切にしていることが掲載されていることも多いです。

加えて、社会保険や休日、待遇などもより細かく掲載されているので、求人サイトなら自分の希望に合った求人が見つけやすいと思います。特に、本気で農業に取り組んで、長く続けていきたい人にとって、こういった情報は非常に重要です。求人サイトを上手に使うことで、人生を変える仕事との出会いが見つかるかもしれません!

本気で農業するなら、農家のおしごとナビ

農家のおしごとナビのHPキャプチャ画像
画像参照元:農家のおしごとナビ
(http://www.agreen.jp/)

農業で生活していく、本気で就農したい!そう考えている方にオススメしたいのは「農家のおしごとナビ」。

このサイトは、求人を出しているすべての農家に取材に行き、写真などを交えながら独自の求人情報を作成しています。そのため、職場の雰囲気がよりリアルにわかり、イメージがしやすいだけでなく安心して情報を選べます。他サイトでも一部取材をしているケースがありますが、ここまで徹底しているのは、農家のおしごとナビだけでした。

農業体験・就農フェアも開催

求人情報の掲載はもちろんのこと、農業に関心のある人向けのサービスも充実しています。就農フェアやセミナーの情報が手に入るだけでなく、農家との信頼関係がきちんと築けているからこそできる「本気の農業体験」があるのも大きな魅力。

就農前に自分の適性を確かめることができ、実際に農家の方からアドバイスを受けたりなど、お話を伺うこともできます。遊びの体験でなく、農業現場を実体験できる貴重な機会が得られます。すぐに正社員として就農することに抵抗があれば、農家のおしごとナビの農業体験を利用してみてはいかがでしょうか。

手厚いサポート

また、サイトに登録しているユーザーには、無料で就職までサポートをしてくれます。不安や疑問があれば相談にのってくれますし、就職後も困ったことなどないか連絡をくれます。

就職後のサポートがここまで手厚い求人サービスは、なかなかありません。

「農家のおしごとナビ」のサービスを、公式サイトでチェック!>>

たくさんの求人を見るなら、第一次産業ネット

第一次産業ネットのHPキャプチャ画像
画像参照元:第一次産業ネット
(http://www.sangyo.net/)

とにかくたくさんの求人情報を見て、その中から自分に合うものを見つけたい方にオススメしたいのは、第一次産業ネット。

ハローワークから転載案件も多く、農業・畜産に限らず、漁業や林業など、第一次産業に分類される求人情報が非常に豊富です。まだ農業一本に絞り込めていない、という方も、ほかの分野を含めて検討するのに役立ちそうですね。

就農インタビュー記事も要チェック!

第一次産業ネットを利用するなら、ぜひチェックしたいのが就農者インタビューなどのコンテンツです。「第一次産業への就職の流れ」といったオーソドックスなものから、「就農者インタビュー」「農メン&農ガール」「農業24時」「地域がわかる特集」など、就農に興味がある方なら、ぜひ読んでおきたいものが満載です。

幅広い職種に対応!

農業従事者として畑や田に出るのではなく、営業や販売、あるいは研究開発などの形で農業に関わることもできます。そういった職種も含めて求人情報が検索できるのは、第一次産業ネットの強み。就農したい方だけではなく、農業の研究職やマーケティングに興味がある方は、ぜひ利用してみてください。

「第一次産業ネット」の特徴を、公式サイトでチェック!>>

農業をゼロから始めるなら、ボラバイト

ボラバイトのHPキャプチャ画像
画像参照元:ボラバイト
(http://www.volubeit.com/)

「畑の土も触ったことがない、農業は全然わからない…でも何だか興味がある!」そんな農業初心者の方にオススメしたいのが、ボラバイト。農業ボランティアのような形で、農家を手伝いながら農業が勉強できます。しかもバイトのようにお金がもらえるシステムです。

ボラバイト中の宿泊費は原則農家の方が負担

ボラバイトで農業を体験する方の中には、遠方へ泊まり込みで行く方も少なくないと思います。そんな方に嬉しいのが、宿泊費は農家が負担してくださること。「地方で農業を体験したいけど、お金がかかるのは…」という人は、ぜひボラバイトにチャレンジしてみてください。農家の方は人手を求めているので、きっと歓迎してもらえるはず。

ボラバイトの9割は、農業未体験の初心者なのだそう。どんなに農業の知識がない方でも安心です!

若者どうしで楽しく農業が体験できる!

ボラバイトに参加している人は、ほとんど20~30代の若者。同世代で楽しく農業が学べるので、学生さんにもオススメ。卒業後の進路に就農を考えている方は、要チェックです。

「ボラバイトって何?」という人は、公式サイトでチェック!>>

まずは求人サイトをチェック!

以上、農業の求人情報は求人サイトを利用して探すべきだ、という理由をご紹介しました。

より自分にあった求人を見つけるには、はたらく環境や仕事の内容がイメージできることが大切。ぜひ農業の求人サイトをチェックして、理想の農業ライフを見つけてみてください。

【免責事項】
このサイトは、農業を仕事にしたい人のために、農業の求人情報を扱うサイトを個人的に調査して作成しました。
最新の求人情報は各公式サイトをご確認ください。